コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花輪線 はなわせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花輪線
はなわせん

秋田,岩手両県を結ぶ東北地方横断鉄道の1つ。 JR東日本大館好摩間 106.9km。 1931年全通。沿線に十和田湖八幡平などの観光地がある。大館-十和田南間は秋田鉄道によって建設され 34年国有化された。 87年4月民営化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

花輪線【はなわせん】

岩手県好摩〜秋田県大館間のJR線。営業キロ106.9km。奥羽山脈を横断して東北・奥羽両本線を結ぶ路線の一つ。1923年秋田鉄道により大館〜陸中花輪(現,鹿角花輪)間全通,1931年国鉄により好摩〜陸中花輪間開通,1934年秋田鉄道を国有化。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花輪線
はなわせん

東日本旅客鉄道の線路名称。好摩(こうま)(岩手県)―大館(おおだて)(秋田県)間106.9キロメートル、全線単線、非電化。東北地方の横断鉄道の一つ。太平洋側斜面の松川(北上川の支流)と日本海側斜面の米代(よねしろ)川上流を結び、津軽街道、鹿角(かづの)街道、および東北自動車道と並行する。沿線には鹿角市(花輪盆地)や十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園がある。好摩―陸中花輪(現、鹿角花輪)間は1922~1931年(大正11~昭和6)国鉄花輪線として開業、陸中花輪―大館間は1914~1923年秋田鉄道として開業、1934年国有化されて、花輪線に併合された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で、東日本旅客鉄道に所属。松川と安比(あっぴ)川(馬淵(まべち)川の支流)の分水嶺(れい)にあたる安比高原駅付近、安比川と米代川の分水嶺にあたる貝梨(かいなし)峠付近にはそれぞれ33.3‰(パーミル)、25‰の急勾配(こうばい)区間が連続し、急曲線の多い山岳線となっている。列車は好摩よりIGRいわて銀河鉄道(旧東北本線)に乗り入れて盛岡に直通する。愛称は十和田八幡平四季彩(しきさい)ライン。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花輪線の関連キーワード花輪(秋田県の地名)大湯温泉(秋田県)大滝温泉(秋田県)蒸ノ湯[温泉]玉山(旧村名)東日本旅客鉄道後生掛[温泉]八幡平[市]藤七[温泉]湯瀬[温泉]玉川[温泉]大滝[温泉]関 直右衛門大湯環状列石鹿角(市)蒸ノ湯温泉大館[市]後生掛温泉玉山[村]西根[町]

花輪線の関連情報