鹿角市(読み)かづの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿角〔市〕
かづの

秋田県北東部,花輪盆地にある市。東部は奥羽山脈に属し,青森・岩手両県に接する。 1972年花輪,十和田尾去沢 (おさりざわ) の3町と八幡平村が合体して市制。南北に細長い市域で,中心市街地の花輪は,かつて盛岡藩に属し,中野氏の城下町,六斎市が開かれた市場町として発展。毛馬内 (けまない) は津軽街道の交通の要地であった。米代川の支流,熊沢川の沿岸を除く大部分が林野地である。農村部では米,果樹を産し,畜産も行う。かつては鉱業が盛んであった。また尾去沢鉱山跡の観光化が進められている。北部の発荷 (はっか) 峠の一帯および南部の八幡平温泉郷十和田八幡平国立公園に属し,湯瀬,大湯などの温泉がある。1月2日に行われる大日堂祭堂は重要無形民俗文化財。十和田大湯には特別史跡大湯環状列石がある。 JR花輪線,国道 282号線 (津軽街道) ,国道 103号線などが通じ,東北自動車道の十和田インターチェンジがある交通の要地。面積 707.52km2。人口 3万2038(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿角市の関連情報