コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎惣左衛門 おざき そうざえもん

1件 の用語解説(尾崎惣左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎惣左衛門 おざき-そうざえもん

1812-1865 幕末の武士。
文化9年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。元治(げんじ)元年富国強兵策を進言,周旋方となり,諸藩の勤王家とまじわる。藩命で対馬(つしま)にわたり,府中藩の内紛解決につくすが,帰藩後,政変による佐幕派の台頭で捕らえられ(乙丑(いっちゅう)の獄),慶応元年10月23日自刃(じじん)。54歳。名は朝秀。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尾崎惣左衛門の関連キーワード荒尾清心斎小川留之助白石平八郎世木騎六西川升吉野島佐三郎藤村太郎三浦贇男蓑田伝兵衛森喜右衛門

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone