コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎惣左衛門 おざき そうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎惣左衛門 おざき-そうざえもん

1812-1865 幕末の武士。
文化9年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。元治(げんじ)元年富国強兵策を進言,周旋方となり,諸藩の勤王家とまじわる。藩命対馬(つしま)にわたり,府中藩の内紛解決につくすが,帰藩後,政変による佐幕派の台頭で捕らえられ(乙丑(いっちゅう)の獄),慶応元年10月23日自刃(じじん)。54歳。名は朝秀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾崎惣左衛門の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)第2次英米戦争フォーレ第2次英米戦争ウィリアムズゴンチャロフティツィング赤尾丹治ゴンチャロフティチング

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android