コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

府中藩 ふちゅうはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

府中藩
ふちゅうはん

(1) 江戸時代,常陸国 (茨城県) 府中地方を領有した藩。のち石岡藩。慶長7 (1602) 年六郷正乗が出羽六郷 (秋田県) から1万石で入封したのに始る。元和9 (23) 年代って皆川広照が信濃 (長野県) 飯山から入封。正保2 (45) 年無嗣により再除封のときは1万 3000石であった。のち天領となり,元禄 13 (1700) 年徳川家康の孫の頼隆 (水戸頼房の5男) が2万石で封じられてのち代々継続し,明治2 (1869) 年石岡藩と改称して廃藩置県にいたった。家門,江戸城大広間詰。 (2) 甲府藩駿府藩長府藩 (→豊浦藩 ) ,対馬藩別称

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

府中藩【ふちゅうはん】

対馬藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

府中藩
ふちゅうはん

常陸(ひたち)国新治(にいはり)郡府中(茨城県石岡市)に陣屋を置いた藩。石岡藩ともいう。1602年(慶長7)出羽(でわ)六郷(ろくごう)より六郷政乗(まさのり)が入封、1万石。1623年(元和9)政乗が出羽本荘(ほんじょう)に移ったあと、信濃(しなの)飯山(いいやま)から皆川広照(ひろてる)が入り1万石、1645年(正保2)無嗣(むし)絶家となり、以後、幕府直轄領。1700年(元禄13)水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の五男松平頼隆(よりたか)が常陸保内(ほない)郷2万石を本家に返還。新たに幕府から常陸新治郡7か村、行方(なめがた)郡9か村、茨城郡3か村、陸奥(むつ)岩瀬郡18か村計2万石を得て入封。のち頼如(よりゆき)、頼明(よりあき)、頼永(よりなが)、頼幸(よりとみ)、頼済(よりすみ)、頼前(よりさき)、頼説(よりひさ)、頼縄(よりつぐ)、頼策(よりふみ)と相続、1871年(明治4)の廃藩置県に至る。石岡県、新治県を経て茨城県に編入。定府大名で、代々播磨守(はりまのかみ)、大広間詰。陣屋は常陸府中と陸奥長沼(ながぬま)。郷学校興風館。家臣団約150名、うち中枢は水戸藩から派遣された。[秋山高志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

府中藩の関連キーワード原田三郎右衛門藤崎重左衛門徳島兵左衛門大森繁右衛門塩川伊右衛門大浦忠左衛門尾崎惣左衛門青木与三郎武田文五郎小田幾五郎松村弥平太石岡[市]犬塚小十郎佐田五郎作平田隼之允柳川調信吉川蔵人中江藤介結城香崖古川図書

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

府中藩の関連情報