コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

府中藩 ふちゅうはん

3件 の用語解説(府中藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

府中藩
ふちゅうはん

(1) 江戸時代常陸国 (茨城県) 府中地方を領有した藩。のち石岡藩。慶長7 (1602) 年六郷正乗が出羽六郷 (秋田県) から1万石で入封したのに始る。元和9 (23) 年代って皆川広照が信濃 (長野県) 飯山から入封。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

府中藩
ふちゅうはん

常陸(ひたち)国新治(にいはり)郡府中(茨城県石岡市)に陣屋を置いた藩。石岡藩ともいう。1602年(慶長7)出羽(でわ)六郷(ろくごう)より六郷政乗(まさのり)が入封、1万石。1623年(元和9)政乗が出羽本荘(ほんじょう)に移ったあと、信濃(しなの)飯山(いいやま)から皆川広照(ひろてる)が入り1万石、1645年(正保2)無嗣(むし)絶家となり、以後、幕府直轄領。1700年(元禄13)水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の五男松平頼隆(よりたか)が常陸保内(ほない)郷2万石を本家に返還。新たに幕府から常陸新治郡7か村、行方(なめがた)郡9か村、茨城郡3か村、陸奥(むつ)岩瀬郡18か村計2万石を得て入封。のち頼如(よりゆき)、頼明(よりあき)、頼永(よりなが)、頼幸(よりとみ)、頼済(よりすみ)、頼前(よりさき)、頼説(よりひさ)、頼縄(よりつぐ)、頼策(よりふみ)と相続、1871年(明治4)の廃藩置県に至る。石岡県、新治県を経て茨城県に編入。定府大名で、代々播磨守(はりまのかみ)、大広間詰。陣屋は常陸府中と陸奥長沼(ながぬま)。郷学校興風館。家臣団約150名、うち中枢は水戸藩から派遣された。[秋山高志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

府中藩の関連キーワード常陸風土記茨城県石岡市茨城県常陸太田市栄町茨城県石岡市総社茨城県常陸大宮市高部茨城県笠間市福原茨城県石岡市府中茨城県常陸大宮市舟生茨城県常陸大宮市山方茨城県石岡市若松

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

府中藩の関連情報