コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形宗舜 おがた そうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形宗舜 おがた-そうしゅん

?-? 明治時代の医師,陶芸家。
香川県端岡(はしおか)村(国分寺町)に窯をひらき,木目(もくめ)焼きの茶碗,片口,杯,花瓶などをつくった。宗舜焼とよばれた。通称は松斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone