コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾竹竹坡 おだけ ちくは

美術人名辞典の解説

尾竹竹坡

日本画家。新潟県生。日本画家尾竹越堂の弟、国観の兄。名は染吉。小堀鞆音川端玉章に師事する。特に歴史画を能くした。尾竹一門で八華会を結成し、定期展を開催した。昭和11年(1936)歿、59才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾竹竹坡 おだけ-ちくは

1878-1936 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治11年1月11日生まれ。尾竹越堂の弟,尾竹国観の兄。4歳で笹田雲石に,のち川端玉章,小堀鞆音(ともと)にまなぶ。文展では,明治42年の第3回展で「茸狩」,第4回展で「おとづれ」,第5回展で「水」が受賞。大正8年八火社を創設。昭和11年6月2日死去。59歳。新潟県出身。本名は染吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone