コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀鞆音 こぼり ともと

7件 の用語解説(小堀鞆音の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小堀鞆音

日本画家。栃木県生。名は桂三郎、初号琢舟のち雨舟、別号に弦迺舎。川崎千虎有職故実川辺御楯に土佐派を学ぶ。日本青年絵画協会・日本絵画協会に参加した後、日本美術院創立に加わり正員。のちには官展で活躍する。大和絵復興に尽力、歴史画で一家をなし、その門下から安田靫彦川崎小虎らを輩出した。東美校教授。帝室技芸員帝国美術院会員・文展審査員。昭和6年(1931)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こぼり‐ともと【小堀鞆音】

[1864~1931]日本画家。栃木の生まれ。旧姓、須藤。本名、桂三郎。日本美術院創立に参加。大和絵の伝統を守り、歴史画・人物画をよくした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小堀鞆音【こぼりともと】

日本画家。本名桂三郎。栃木県生れ。川崎千虎に学び,日本美術院の創立に参加し,歴史風俗画会を組織。のち文展開設とともに審査員となり,東京美術学校教授も務めた。有職(ゆうそく)故実に詳しく,大和絵の復興に尽くした。
→関連項目安田靫彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小堀鞆音 こぼり-ともと

1864-1931 明治-昭和時代前期の日本画家。
文久4年2月19日生まれ。川崎千虎(ちとら)にまなび,歴史画を得意とした。明治31年日本美術院の創立に参加。41年東京美術学校(現東京芸大)教授。大正8年帝国美術院会員。門下に安田靫彦(ゆきひこ),川崎小虎(しょうこ)ら。昭和6年10月1日死去。68歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。旧姓は須藤。本名は桂三郎(けいざぶろう)。作品に「宇治橋合戦」「武士」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こぼりともと【小堀鞆音】

1864~1931) 日本画家。栃木県生まれ。大和絵を研究、歴史画に新境地を拓いた。特に武者絵をよくした。代表作「宇治橋合戦」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小堀鞆音
こぼりともと

[生]文久4(1864).2.19. 下野
[没]1931.10.1. 東京
日本画家。旧姓は須藤,本名は桂三郎。「ともね」ともいう。 1884年上京して川崎千虎に師事。有職故実に精通し,やまと絵の正系を踏襲した歴史画,人物画を得意とした。 87年美術工芸品共進会展の『名和長年詣内裏図』をはじめ,『知盛八島之図』『元就詣厳島』『宇治橋合戦』などで次々と受賞し一家をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小堀鞆音
こぼりともと
(1864―1931)

日本画家。下野(しもつけ)国(栃木県)に須藤晏斎(あんさい)の三男として生まれる。本名桂三郎(けいざぶろう)。早くから父や兄に手ほどきを受ける。1884年(明治17)に上京、川崎千虎(ちとら)について歴史画、有職故実(ゆうそくこじつ)を学んだ。91年、日本青年絵画協会の設立に参加。97年には東京美術学校助教授になったが、翌年、いわゆる美術学校騒動が起こり、校長岡倉天心とともに辞職、日本美術院創立に加わった。1907年(明治40)に開設された文展には最初から審査員として出品し、以後官展で活躍した。また08年には東京美術学校の教授に復帰、17年(大正6)帝室技芸員、19年に帝国美術院会員にあげられた。大和絵(やまとえ)の手法を継いで歴史画を得意とし、『宇治橋合戦』『経正詣竹生島(つねまさちくぶじまにもうず)』『武士』などが代表作。門下から安田靫彦(ゆきひこ)、川崎小虎(しょうこ)、尾形月山(げつざん)らが出ている。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小堀鞆音の言及

【復古大和絵派】より

…為恭が平安時代の障子絵を想像復元(大樹寺襖絵)するなど,古典に対する知的興味の先行も指摘できるが,《古今著聞集》などに取材した新しい主題をつくった積極面が評価される。明治期の菊池容斎(ようさい),小堀鞆音(ともと)(1864‐1931),吉川霊華(きつかわれいか)(1875‐1929),松岡映丘(えいきゆう)(1881‐1938)らの歴史画の先駆となった。やまと絵【鈴木 広之】。…

【安田靫彦】より

…生来身体が弱く小学校高等科三年で退学。1897年法隆寺壁画の模写や横山大観,下村観山,小堀鞆音(ともね)らの作品に接して感激し,画家になろうと決心した。14歳で大和絵の小堀鞆音(1864‐1931)の門に入る。…

※「小堀鞆音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小堀鞆音の関連キーワード阿部彦吉伊地知壮熊小野重行坂湛桜井忠胤鈴木諦教武岡豊太富安保太郎橋本実穎林喜右衛門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小堀鞆音の関連情報