コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川端玉章 かわばた ぎょくしょう

美術人名辞典の解説

川端玉章

日本画家。京都生。名は滝之助、別号に敬亭、晩年に璋翁。11才の時中島来章の門に入り、のち小田海僊に学ぶ。上京して高橋由一ワーグマンに油絵も習う。また円山応挙を慕い近代円山派の泰斗となる。画塾天真堂・川端画学校を設立、門下に結城素明平福百穂らを輩出する。東美校教授・文展審査員・帝室技芸員。大正2年(1913)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわばた‐ぎょくしょう〔かはばたギヨクシヤウ〕【川端玉章】

[1842~1913]日本画家。京都の生まれ。名は滝之助。円山派の中島来章(なかじまらいしょう)に師事。のち、洋画法高橋由一(たかはしゆいち)に学ぶ。精緻(せいち)な山水・花鳥画を得意とした。晩年、川端画学校を設立。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

川端玉章【かわばたぎょくしょう】

日本画家。京都の蒔絵(まきえ)師の子に生まれた。本名滝之助。円山派の中島来章に師事。高橋由一に油絵を学んだこともあるが,画風は円山派の正系を継ぐもので,山水や花鳥に佳作がある。
→関連項目川端実杉浦非水平福百穂藤島武二結城素明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川端玉章 かわばた-ぎょくしょう

1842-1913 明治-大正時代の日本画家。
天保(てんぽう)13年3月8日生まれ。円山派の中島来章(らいしょう)に入門,江戸でワーグマン,高橋由一(ゆいち)に洋画もまなぶ。明治23年東京美術学校(現東京芸大)の教授となり,円山派の画法をおしえた。のち川端画学校を創立。帝室技芸員。大正2年2月14日死去。72歳。京都出身。本名は滝之助。別号に敬亭,璋翁。作品に「墨堤春暁図」「桜花鶏図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川端玉章

没年:大正2.2.14(1913)
生年:天保13.3.8(1842.4.18)
明治期の日本画家。京都高倉二条瓦町に生まれる。本名滝之助。別号敬亭,璋翁など。父は蒔絵師で俳諧もよくした。初め父に蒔絵を学び,嘉永5(1852)年中島来章に入門,円山派を学ぶ。また漢学や国学,小田海僊に画論も学んだ。慶応2(1866)年江戸に移り,覗眼鏡や版下絵,新聞付録などを描いて,一時洋画も学ぶ。内国勧業博覧会,内国絵画共進会などで受賞。東京美術学校(東京芸大)設立に際しては,天心らに認められ21年同校雇,23年教授に就任,45年まで勤めた。日本絵画協会など新派系の日本画団体に出品する一方,旧派の日本美術協会にも参加し,21年には旧派系作家を中心に人選がなされた皇居杉戸絵を揮毫している。円山派に西洋絵画の写実をとり入れ,晩年は文人画も研究した。29年帝室技芸員となり,42年には自ら川端画学校を開設。また22年臨時全国宝物取調局臨時鑑査掛嘱託,30年古社寺保存会委員など,古美術保護にも尽力し,画壇の重鎮として幅広い活動を展開した。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわばたぎょくしょう【川端玉章】

1842‐1913(天保13‐大正2)
日本画家。本名は滝之助。京都に生まれる。父は蒔絵師。11歳で円山派の中島来章に師事。1866年(慶応2)江戸に出て狩野派を学び,明治初年には高橋由一らとワーグマンに油絵を習う。洋画の陰影法や遠近法を円山派の画風にとりいれた。89年東京美術学校教授となり主として〈つけたて〉を指導,時間があるかぎり写生することを実践して筆を離さなかった。また,私塾天真社を主宰,1909年には川端画学校を設立し後進の育成に尽力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわばたぎょくしょう【川端玉章】

1842~1913) 日本画家。京都生まれ。名は滝之助。中島来章に円山派を学ぶ。東京美術学校教授を経て川端画学校を設立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川端玉章
かわばたぎょくしょう

[生]天保13 (1842).3.8. 京都
[没]1913.2.14. 東京
日本画家。蒔絵師川端佐兵衛の子。本名は滝之助。嘉永5 (1852) 年中島来章に絵を学び,のちに小田海僊に画論を学んだ。慶応2 (1866) 年江戸に出て苦学を重ね,一時は高橋由一とともにチャールズ・ワーグマンの教えを受けたが,岡倉天心に日本画を認められ,円山派写生画を教えるため 1888年から東京美術学校に勤めた。また帝室技芸員,文展審査員としても活躍。1909年川端画学校を設立し,門下から平福百穂結城素明など多くの画家が出た。主要作品『桜に鶏』(東京芸術大学大学美術館),『雨後山水図』 (東京国立博物館) ,『群猿之図』 (宮内庁三の丸尚蔵館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川端玉章
かわばたぎょくしょう
(1842―1913)

日本画家。京都の蒔絵師(まきえし)の家に生まれる。本名滝之助。11歳で円山派の中島来章(らいしょう)に師事。また画論を小田海僊(かいせん)に学んだ。1866年(慶応2)江戸に出、一時高橋由一(ゆいち)について洋画も学んでいる。82年(明治15)と84年の内国絵画共進会で銅賞を受けて名があがり、89年に開校早々の東京美術学校教授となって円山派を教えた。96年に帝室技芸員。1907年(明治40)に開設された文展では、その初めから長年にわたって審査員を務めた。09年に川端画学校を設立、翌年東京美術学校教授を辞した。門下から結城素明(ゆうきそめい)、平福百穂(ひらふくひゃくすい)らが出ている。着実な写生を基本とするわかりやすい画風は親しまれ、『桜花鶏』『雨後山水』などがよく知られる。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

川端玉章の関連キーワード山崎年信(2代)田中 頼璋湯田 玉水野村 文挙高木保之助竹田敬方野村文挙湯田玉水太田聴雨大森敬堂山田敬中高橋敬美大正時代中原芳煙高橋玉淵鰭崎英朋海野珉乗端館紫川藤井松林尾竹竹坡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川端玉章の関連情報