コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾虫類 びちゅうるいAppendiculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾虫類
びちゅうるい
Appendiculata

原索動物門尾索亜門尾虫綱に属する種類の総称。体はおたまじゃくし様で,体幹と尾索が通った長い尾部とから成り,全体が包巣と呼ばれる薄い膜で包まれている。包巣は体を保護したり,摂餌上重要な役目を果し,強い刺激を受けたり古くなったりすると古いものを脱ぎ捨てて新しいものをつくる。雌雄同体。海産で,水面近くを浮遊生活する。魚類の天然餌料の一部となっており,ことに沿岸水域では稚魚の主要な餌になっている。オタマボヤサイヅチボヤなどが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

尾虫類の関連キーワード脊索動物原索動物尾索類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android