尾長鳥(読み)おながどり

  • おながどり をなが‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① にわとりの雄鳥。
② 江戸時代に高知でつくり出された、にわとりの一品種。尾羽が抜けかわらずにのびたもので、五、六メートルが普通、長いものは八メートル以上ある。特別天然記念物。長尾鶏(ちょうびけい)
※為忠集(鎌倉中か)「とびかふにさはるや辛き尾長鳥しこきておるる松のうは枝」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾長鳥の関連情報