局所ホルモン

栄養・生化学辞典「局所ホルモン」の解説

局所ホルモン

 オータコイドとほぼ同じ意味.分泌された部位の近傍の細胞(パラクリン)もしくは分泌した細胞(オートクリン)自体に作用するホルモン.プロスタグランジン類,ヒスタミンなどがある.ソマトスタチン,インスリン様成長因子-I(IGF-I)なども,内分泌様式以外にこの様式でも作用する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報