居敷当・臀当(読み)いしきあて

精選版 日本国語大辞典「居敷当・臀当」の解説

いしき‐あて ゐしき‥【居敷当・臀当】

〘名〙 衣服の裏のの当たる所につける布地。しりあて。
歌舞伎有松染相撲浴衣(有馬猫騒動)(1880)四幕「その内にも此縞は第一に幅があり、臀当(イシキアテ)をするやうな苦労がなうて徳用向き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android