コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈し甚し クシイタシ

デジタル大辞泉の解説

くし‐いた・し【屈し甚し】

[形ク]《「くっしいたし」の促音の無表記》ひどくふさぎ込んでいる。非常にしょげる。くんじいたし。
「ならぶべくもあらぬぞ、―・かりける」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くしいたし【屈し甚し】

( 形ク )
〔「くっしいたし」の促音「っ」の無表記〕
ひどくふさぎこんでいる。くんじいたし。 「ならぶべくもあらぬぞ、-・かりける/源氏 宿木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報