屈伸制限制(読み)くっしんせいげんせい

百科事典マイペディアの解説

屈伸制限制【くっしんせいげんせい】

発券制度形態保証準備制のうちの間接制限制度の一種。直接制限制度の場合の限度以上に通貨を発行する必要が生じた際,一定の限度内で,制限外発行税の納付その他を条件として,一時的に制限外の保証準備発行を認める制度。日本では1888年―1941年,この制度を採用していた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android