屈入(読み)くんじいる

精選版 日本国語大辞典「屈入」の解説

くんじ‐い・る【屈入】

〘自ラ四〙 (もと「くっしいる」と促音で発音されたものを撥音で表記したもの) ひどくさぎこむ。考えこむ。
源氏(1001‐14頃)竹河「はらからの君たちのうちにまゐりさまよふに、いたうくんじいりてながめゐたまへれば」

くっし‐い・る【屈入】

〘自ラ四〙 ふさぎこむ。がめいる。くんじいる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報