屈折の定律(読み)くっせつのていりつ

精選版 日本国語大辞典の解説

くっせつ【屈折】 の=定律(ていりつ)[=法則(ほうそく)

ある媒質から別の媒質のなかへ光が進入する場合、その入射角と屈折角は同一平面の法線の両側にあり、入射角の正弦と屈折角の正弦の比は二つの媒質については一定である、という法則。スネルの法則。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android