山こかし(読み)ヤマコカシ

デジタル大辞泉の解説

やま‐こかし【山こかし】

鉱山・山林などの売買の際に金銭をだまし取ること。また、その人。
「奥州の金山売ったる山売りの―とは汝(おのれ)がことと」〈浄・双生隅田川〉
詐欺師。山師。
「だまし取りに取り倒すを、―といふはいかに」〈浮・手代袖算盤〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまこかし【山こかし】

鉱山・山林などの売買を種にして、金銭をだましとること。また、その人。こかし。 奥州の金山売つたる山売の-とはおのれが事/浄瑠璃・双生隅田川
詐欺師。ぺてん師。山師。こかし。 竹山は-と人がいふ/胆大小心録

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android