山下 喬子(読み)ヤマシタ キョウコ

20世紀日本人名事典の解説

山下 喬子
ヤマシタ キョウコ

昭和・平成期の小説家



生年
大正11(1922)年7月13日

没年
平成16(2004)年2月6日

出生地
静岡県沼津市

出身地
東京

学歴〔年〕
東京府立第四高女卒

主な受賞名〔年〕
講談社児童文学新人賞〔昭和36年〕「プファ少年」

経歴
高女在学中に堀辰雄に師事し、戦後は「文学者」で作品を発表。のちに児童文学も書き、昭和36年「プファ少年」を刊行。他の著書に「ポールのあした」「悲しみは空の色」「陽は夜のぼる」や、伝記「ヘレン・ケラー」「トルストイ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android