山下水(読み)ヤマシタミズ

デジタル大辞泉の解説

やました‐みず〔‐みづ〕【山下水】

山のふもとを流れる水。山かげを流れる水。
「あしひきの―の木隠れてたぎつ心をせきぞかねつる」〈古今・恋一〉
[補説]書名別項。→山下水

やましたみず【山下水】[書名]

土屋文明の第7歌集。昭和23年(1948)刊。昭和20年(1945)6月から昭和21年(1946)末頃までの作品、797首を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やましたみず【山下水】

山のふもとの水。山の下を流れる川の水。 「足引の-にぬれにけり/拾遺 物名

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やました‐みず ‥みづ【山下水】

〘名〙 山下を流れる水。
※古今(905‐914)恋一・四九一「あし引の山した水のこがくれてたぎつ心をせきぞかねつる〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android