コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋文明 つちや ぶんめい

美術人名辞典の解説

土屋文明

歌人。群馬県生。号は蛇床子・榛南生。東大卒。中学時代から短歌を作り、『アララギ』同人となる。大正14年第一歌集『ふゆくさ』出版後、斎藤茂吉とともに『アララギ』の編集に当たった。著書に『短歌入門』『新編短歌入門』、歌集に『山谷集』『六月風』等がある。また『万葉集私注』全20巻の研究業績がある。平成2年(1990)歿、100才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

土屋文明【つちやぶんめい】

歌人。群馬県生れ。東大哲学科卒。伊藤左千夫に師事し,《アララギ》同人。1925年に歌集《ふゆくさ》を刊行,続く《往還集》《山谷集》などで即物的傾向をもつ文明調を確立。
→関連項目岡井隆近藤芳美

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋文明 つちや-ぶんめい

1890-1990 大正-昭和時代の歌人。
明治23年9月18日生まれ。一高在学中に「アララギ」同人となる。大正14年第1歌集「ふゆくさ」を出版。昭和5年斎藤茂吉にかわり「アララギ」の編集発行人。法大・明大教授をつとめた。芸術院会員。61年文化勲章。平成2年12月8日死去。100歳。群馬県出身。東京帝大卒。歌集に「山谷(さんこく)集」「山下水(やましたみず)」など。著作に「万葉集私注」。
【格言など】この言葉も亡(ほろ)びるのかと嘆かひしこともひそかに吾は思はむ(「山下水」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つちやぶんめい【土屋文明】

1890‐1990(明治23‐平成2)
歌人。群馬県生れ。東大哲学科卒。松本高女校長などをへて法大教授,明大教授を歴任した。中学時代《アカネ》に歌や小品を投じ,1909年上京して伊藤左千夫宅に寄寓,《アララギ》に参加した。清新な抒情で注目される一方,第3次《新思潮》に加わり小説にも筆をとった。18年以後長野県で教職に専念したが,24年帰京,翌年《ふゆくさ》を刊行。30年《アララギ》の編集責任者となり,《山谷(さんこく)集》(1935)などの小市民的な人生詠で若い知識層に多大な影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つちやぶんめい【土屋文明】

1890~1990) 歌人。群馬県生まれ。東大卒。「アララギ」編集。清新な抒情歌から生活に即した写実的歌風に移り、万葉集研究も推進する。歌集「ふゆくさ」「往還集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土屋文明
つちやぶんめい

[生]1890.9.18. 群馬,上郊
[没]1990.12.8. 東京
歌人。第一高等学校を経て 1916年東京大学哲学科卒業。一高時代から学資の提供を受けた伊藤左千夫の門に入り,『アララギ』最年少の同人となり,東大在学中は第3次『新思潮』に参加。卒業後長野県下の高等女学校で教頭,校長を歴任するが,中学校への転任を命じられ辞職。上京して 24年法政大学教授。 25年歌集『ふゆくさ』で注目された。次いで斎藤茂吉に代り『アララギ』の編集を担当,写生説に加えて即物主義的な傾向をみせ,いわゆる「文明調」を完成。『往還集』 (1930) ,『山谷集』 (34) ,『小安集』 (43) などを経て,『山下水』 (48) ,『自流泉』 (53) を発表。『万葉集私注』 (20巻,49~56) で 53年日本芸術院賞を受けた。芸術院会員。 86年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土屋文明
つちやぶんめい
(1890―1990)

歌人。明治23年9月18日、群馬県西群馬郡上郊(かみさと)村(現高崎市)に生まれる。生家は繭・生糸の仲買を兼ねる小農であった。少年の日、北海道の流刑地で獄死した祖父の秘密を知って文学への思いを抱く。高崎中学を出て上京、歌人伊藤左千夫(さちお)のもとで牛舎の労働に従おうとしたが、その庇護(ひご)で一高、東京帝国大学哲学科を卒業。『アララギ』初期同人となり、初め清新な叙情的歌人として出発した。長野県の諏訪(すわ)高等女学校・松本高等女学校教師、校長などを務めたのちふたたび上京、法政大学予科、明治大学文芸科の教鞭(きょうべん)をとりながら『アララギ』の編集に携わる。1925年(大正14)第一歌集『ふゆくさ』を刊行。その後『往還集』(1930)、『山谷(さんこく)集』(1935)、『六月風(ろくがつかぜ)』(1942)などの歌集を重ね、昭和初期から、戦争に向かう日本の一時代を背後に知識人としての生き方の苦渋を歌う現実主義的な独自の歌風を展開し注目された。第二次世界大戦中、中国戦線を視察、『韮菁(かいせい)集』(1946)を刊行、東京空襲後群馬県に疎開、敗戦を迎える。
 戦後1951年(昭和26)帰京、『山下水(やましたみず)』(1948)、『自流泉(じりゅうせん)』(1953)などと時代を凝視する思索的世界を深め、昭和歌壇を指導する老大家の一人となる。また、『万葉集』研究者として『万葉集私注』20巻(1949~56)の著があるほか、『短歌小径』などの歌論集も多い。86年文化勲章を受章。[近藤芳美]
 目の前の谷の紅葉(もみじ)のおそ早もさびしかりけり命それぞれ
『近藤芳美著『土屋文明』(1980・桜楓社) ▽米田利昭著『土屋文明』(1966・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土屋文明の言及

【アララギ】より

…20年には茂吉が〈短歌に於ける写生の説〉を書き,子規以来の写生論を展開した。26年赤彦が亡くなり,再び茂吉が編集発行人となり,30年には土屋文明に代わり,33年1月には25周年記念特集号を出した。文明は現実を直視して,生活や思想を追求するところに新生面を開いた。…

※「土屋文明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土屋文明の関連キーワード杉浦明平(1913~2001)群馬県立土屋文明記念文学館群馬県高崎市保渡田町短歌(雑誌)狩野 登美次五味 保義津田 治子昭和万葉集米田 利昭鈴木 忠一渡辺 直己鹿児島寿蔵大村 呉楼樋口 賢治小暮 政次高安 国世橋本 徳寿アララギ派清水房雄五味保義

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土屋文明の関連情報