コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下治広 やました はるひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下治広 やました-はるひろ

1938- 昭和後期-平成時代の体操選手,指導者。
昭和13年11月15日生まれ。跳馬スペシャリストで,前転跳びに屈伸をくわえた「山下跳び」を開発。昭和39年東京五輪で1回ひねりをいれた「新山下跳び」で金メダル,団体でも金メダル。41年世界選手権でも跳馬で優勝。54年母校日本体育大の教授。愛媛県出身。本名は松田治広

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山下治広の関連キーワードヤマシタ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android