屈伸(読み)くっしん

精選版 日本国語大辞典「屈伸」の解説

くっ‐しん【屈伸】

〘名〙
① かがむことと、のびること。また、かがめたり、のばしたりすること。のびちぢみ。
※経国集(827)一一・奉和太上天皇春堂五詠〈浄野夏嗣〉「屈伸随用無定意、唯期日夜対龍扃
※信長記(1622)一下「群臣あひしたがふ事、誠に骨節の屈伸(クッシン)するがことし」 〔荘子‐秋水
② 物事が盛んになったり衰えたりすること。浮き沈み。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉七「凡そ天下の屈伸(〈注〉ノビカガミ)する者人の良智より甚しきはなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「屈伸」の解説

くっ‐しん【屈伸】

[名](スル)曲げたり伸ばしたりすること。かがんだり伸びたりすること。伸び縮み。「ひざを屈伸する」「屈伸運動」
[類語]伸縮伸び縮み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「屈伸」の解説

【屈伸】くつしん

身をかがめ、またのばす。〔礼記、楽記〕鼓管磬(くわんけい)、籥(うやく)干戚(かんせき)は、樂のなり。屈伸俯仰(ふぎゃう)、綴兆(ていてう)(舒疾は、樂のなり。

字通「屈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android