コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中塗 やまなかぬり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山中塗
やまなかぬり

石川県加賀市の山中を中心として産する漆器。山中はろくろを巧みに使う挽物 (ひきもの) の産地として有名であり,江戸時代に京塗を学んで朱溜塗 (しゅためぬり。朱漆を塗り,その上に半透明な飴色の漆を塗る技法) を特色とする山中塗を発展させ,今日にいたっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまなか‐ぬり【山中塗】

石川県加賀市山中地区から産する漆器。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまなかぬり【山中塗】

石川県加賀市山中温泉地区に産する漆器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山中塗の関連情報