山中塗(読み)やまなかぬり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山中塗
やまなかぬり

石川県加賀市山中を中心として産する漆器。山中はろくろを巧みに使う挽物 (ひきもの) の産地として有名であり,江戸時代に京塗を学んで朱溜塗 (しゅためぬり。朱漆を塗り,その上に半透明な飴色の漆を塗る技法) を特色とする山中塗を発展させ,今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やまなかぬり【山中塗】

石川県加賀市山中温泉地区に産する漆器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やまなか‐ぬり【山中塗】

〘名〙 漆器の一種。石川県江沼郡山中町で産出するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android