コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱漆 シュウルシ

2件 の用語解説(朱漆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐うるし【朱漆】

朱色の漆。透漆(すきうるし)に朱や弁柄(ベンガラ)を混ぜてつくる。あかうるし。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朱漆の言及

【漆工芸】より

…【中里 寿克】
【中国の漆芸】
 中国で漆工芸の始まった時期がいつかは確認することができず,《韓非子》は舜の時代にすでに漆器が製作されていたと伝えているが,伝説の域を出ない。これまで周代以前の漆器は明確な軌跡をたどることができなかったが,1973年河北省藁城県台西村の商代遺址から黒漆と朱漆を併用した漆器の残片が出土し,殷代までさかのぼって確かめられるようになった。中国では,ウルシは現在の内モンゴル,新疆ないし青海省といった辺境の地方をのぞくほぼ全土に自生していたようである。…

※「朱漆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朱漆の関連情報