コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飴色 あめいろ

色名がわかる辞典の解説

あめいろ【飴色】

色名の一つ。半透明のやや明るい褐色デンプン麦芽を主材料にして作った水飴の色をさす。現代の水飴は無色透明だが、古来の水飴は麦芽を加えており薄い褐色に色づく。『日本書紀』にも記述がみられ、平安時代には甘味料として用いられていた。江戸時代になると菓子として普及する。またキャラメル色も色に似ており、こちらは砂糖を煮詰めて少し焦がした色。キャラメルは砂糖、水飴、練乳、バターなどを主材料としたソフトキャンディの一種で、ポルトガル語のカラメロが語源。日本には16世紀ごろ菓子として伝来した。製品となったキャラメルには飴色のような透明感はない。飴色は皮革製品、ガラス工芸品などに多くみられ、使い込んだような風合いがある。またタマネギを香りが出るまで炒めるときに「飴色になるまで」と表現する。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あめ‐いろ【×飴色】

水飴のような色。透明な黄褐色。「飴色の瓶」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あめいろ【飴色】

飴のような色。透明、または半透明な黄褐色。あめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飴色の関連キーワードクチベニタケ(口紅茸)メリベウミウシ海老手の人参ギンタカハマ伊自良大実柿カヅノイバラアメフラシオトメガサナラタケ阿蘇高菜ざぼん漬手足口病山中塗和泉櫛赤松藍花飴斑飴粽黄牛飴釉

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飴色の関連情報