コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山井青霞 やまのい せいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山井青霞 やまのい-せいか

1708-1795 江戸時代中期の雅楽家,儒者。
宝永5年生まれ。山井景元の孫。笛の奏者として朝廷につかえる山井氏をつぎ,天明6年光格天皇の笛の師となる。寛政4年雅楽頭(うたのかみ)に任じられた。寛政7年3月19日死去。88歳。京都出身。名は景実,景貫。字(あざな)は子貫,子一。詩集に「青霞稿」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山井青霞の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)ダオメー王国ルニャールダオメー王国マゼーパ武者小路千家エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone