山内梅三郎(読み)やまのうち うめさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「山内梅三郎」の解説

山内梅三郎 やまのうち-うめさぶろう

1849-1879 幕末武士
嘉永(かえい)2年2月7日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士元治(げんじ)2年干城隊総督見習兼奇兵隊総管となる。第2次幕長戦争では指揮役として出陣。維新後はフルベッキ,J.C.ヘボンに洋学をまなび,明治5-8年アメリカに留学した。明治12年11月11日死去。31歳。名は通恂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android