山内豊明(読み)やまうち とよあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊明 やまうち-とよあきら

1642-1704 江戸時代前期の大名。
寛永19年生まれ。山内忠直(ただなお)の次男。延宝5年土佐(高知県)中村藩主山内家3代となる。元禄(げんろく)2年若年寄となるが,辞職をねがいでて将軍徳川綱吉の怒りにふれ,謹慎を命ぜられた。のち除封廃藩。元禄17年1月17日死去。63歳。初名は直久。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android