山内豊明(読み)やまうち とよあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊明 やまうち-とよあきら

1642-1704 江戸時代前期の大名。
寛永19年生まれ。山内忠直(ただなお)の次男。延宝5年土佐(高知県)中村藩主山内家3代となる。元禄(げんろく)2年若年寄となるが,辞職をねがいでて将軍徳川綱吉の怒りにふれ,謹慎を命ぜられた。のち除封廃藩。元禄17年1月17日死去。63歳。初名は直久。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android