コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山刀伐峠 なたぎりとうげ

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕山刀伐峠(なたぎりとうげ)


山形県北東部、尾花沢(おばなざわ)市と最上(もがみ)町の境にある峠。小国(おぐに)川流域の小盆地と尾花沢盆地を結ぶ。標高約490m。松尾芭蕉(まつおばしょう)が登った山坂を現在は県道がトンネルで抜ける。頂上の広場に峠の碑、北麓(ほくろく)には赤倉(あかくら)温泉とスキー場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山刀伐峠
なたぎりとうげ

山形県北東部、尾花沢(おばなざわ)市と最上(もがみ)郡最上町の境にある峠。標高510メートル。藩政期には村山地方と盛岡藩領、仙台藩領を結ぶ重要な街道で、1689年(元禄2)芭蕉(ばしょう)はこの峠を越えて尾花沢へ入った。現在、「奥の細道山刀伐峠」の石碑があり、峠付近は奥の細道探勝路となっている。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山刀伐峠の関連キーワード尾花沢盆地松尾芭蕉中川