コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口二矢 やまぐち おとや

1件 の用語解説(山口二矢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口二矢 やまぐち-おとや

1943-1960 昭和時代後期の右翼運動家。
昭和18年2月22日生まれ。玉川学園高等部を中退し,昭和34年大日本愛国党にはいる。35年脱党。同年10月12日日比谷公会堂で演説中の社会党委員長浅沼稲次郎を刺殺。11月2日東京少年鑑別所の壁に「七生報国」とかきのこして自殺した。17歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の山口二矢の言及

【浅沼稲次郎】より

…翌年3月,左派の支持で委員長となり,安保闘争の先頭に立った。池田勇人内閣成立後の10月12日,自民,社会,民社3党首立会演説会(日比谷公会堂)で演説中,大日本愛国党を脱党していた17歳の山口二矢に刺され,病院に運ばれる途中死去した。この光景はテレビで放映され,大きなショックを与え,その夕刻には抗議集会が開かれたほどである。…

※「山口二矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山口二矢の関連キーワード右翼手浅沼享子井上由紀子奥浩平小西寅松鈴木邦男野村秋介福田狂二真木康年右翼運動

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口二矢の関連情報