コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比谷公会堂 ヒビヤコウカイドウ

3件 の用語解説(日比谷公会堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひびや‐こうかいどう〔‐コウクワイダウ〕【日比谷公会堂】

日比谷公園内にある公共の施設。音楽会や講演会などに利用される。昭和4年(1929)建造。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

日比谷公会堂

東京都千代田区にある多目的ホール。座席数は約2100席。1929年開館。カラヤンなど、著名な音楽家の演奏会を数多く開催。1960年には、浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件の舞台となる。2016年4月より、耐震強化工事のため休館。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日比谷公会堂
ひびやこうかいどう

東京の日比谷公園にある伝統的な市民ホール。1929年(昭和4)、安田財閥を創立した安田善次郎の寄付金により東京市政会館に付設して創設された。第二次世界大戦前はもとより、戦後も十数年は数少ない公演ホールとして、日本の時代の流れを代表するような、交響楽団の定期演奏会、その他のコンサート、講演会、演説会などの数々が催された。戦後の1960年(昭和35)社会党委員長浅沼稲次郎が右翼の少年の手で刺殺されたのも、この公会堂である。客席は1、2階で、収容人員は2074。[梶 龍雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日比谷公会堂の関連情報