刺殺(読み)シサツ

デジタル大辞泉 「刺殺」の意味・読み・例文・類語

し‐さつ【刺殺】

[名](スル)
さしころすこと。「銃剣刺殺する」
野球で、野手が、飛球を捕らえたり、送球を受けたり、走者にタッチしたりして、打者または走者をアウトにすること。プットアウト。→補殺
[類語](1絞殺射殺銃殺薬殺毒殺圧殺扼殺殴殺撲殺斬殺轢殺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「刺殺」の意味・読み・例文・類語

し‐さつ【刺殺】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 刺し殺すこと。
    1. [初出の実例]「人をやとうて、刺殺させたぞ」(出典:史記抄(1477)一四)
    2. [その他の文献]〔戦国策‐燕策下・王喜〕
  3. 野球で、守備側の選手が、飛球を捕えたり、送球を受けたり、走者にタッチするなどして、打者または走者をアウトにすること。
    1. [初出の実例]「二塁遊撃の走者牽制、二塁走者の刺殺(シサツ)〈略〉の練習をする」(出典ベースボール(練習篇)(1928)〈飛田穂洲〉一)

せき‐さつ【刺殺】

  1. 〘 名詞 〙 刺し殺すこと。しさつ。
    1. [初出の実例]「刺殺 セキサツ サシコロス」(出典:布令必用新撰字引(1869)〈松田成己〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「刺殺」の読み・字形・画数・意味

【刺殺】しさつ

さし殺す。〔戦国策、燕三〕に秦王を劫(おびや)かすことを得て、悉(ことごと)く侯の地を反(かへ)さしむること、曹沫(そうばつ)の齊の桓に與(お)けるが(ごと)くならば、則ち大いに善し。則(も)し不可ならば、因りて之れを刺せん。

字通「刺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android