コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口氏 やまぐちうじ

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちうじ【山口氏】

近世大名。周防国の出身。重政は1591年(天正19)より徳川家康に仕え,5000石を知行。1601年(慶長6)1万石に加増されて大名となる。11年にも5000石加増されるが,のち勘気をうけ一時除封。しかし28年(寛永5)召しかえされ,翌年1万5000石を賦与,奏者番となる。32年分知して1万石余,のち陣屋を常陸牛久に置き,以後幕末に至る。当主は従五位下但馬守,修理亮などに叙任。維新後は子爵。【大森 映子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山口氏の関連キーワード牛久[市]日光奉行牛久藩牛久城素堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口氏の関連情報