コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岸巳代蔵 やまぎし みよぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸巳代蔵 やまぎし-みよぞう

1901-1961 大正-昭和時代の社会思想家。
明治34年8月12日生まれ。放浪しながら理想社会をさぐり,山岸式養鶏法を創案する。山岸会を主宰し,無所有一体の社会を提唱。昭和34年三重県伊賀町に春日農場をつくり,ヤマギシズムを実践した。昭和36年5月3日死去。59歳。滋賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山岸巳代蔵の言及

【山岸会】より

…無所有一体社会の実現を目的とする社会運動団体。山岸巳代蔵(1901‐61)によって1953年に創設された。本部は三重県阿山郡伊賀町川東にあり,全国22ヵ所に実顕地がある。…

※「山岸巳代蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山岸巳代蔵の関連キーワードコミューン運動ヤマギシ会昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android