コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岸巳代蔵 やまぎし みよぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸巳代蔵 やまぎし-みよぞう

1901-1961 大正-昭和時代の社会思想家。
明治34年8月12日生まれ。放浪しながら理想社会をさぐり,山岸式養鶏法を創案する。山岸会を主宰し,無所有一体の社会を提唱。昭和34年三重県伊賀町に春日農場をつくり,ヤマギシズムを実践した。昭和36年5月3日死去。59歳。滋賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山岸巳代蔵の言及

【山岸会】より

…無所有一体社会の実現を目的とする社会運動団体。山岸巳代蔵(1901‐61)によって1953年に創設された。本部は三重県阿山郡伊賀町川東にあり,全国22ヵ所に実顕地がある。…

※「山岸巳代蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山岸巳代蔵の関連キーワードコミューン運動ヤマギシ会昭和時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android