山崎 紫紅(読み)ヤマザキ シコウ

20世紀日本人名事典の解説

山崎 紫紅
ヤマザキ シコウ

明治・大正期の劇作家,詩人 神奈川県議;横浜市議。



生年
明治8年3月3日(1875年)

没年
昭和14(1939)年12月22日

出生地
神奈川県横浜市

本名
山崎 小三

学歴〔年〕
小学校卒

経歴
独学で文学を学び、明治30年頃から文庫派の詩人として知られる。「明星」「白百合」「文芸界」にも詩作を発表。「日蓮上人」「大日蓮華」の単行叙事詩がある。38年発表の「上杉謙信」が真砂座の伊井蓉峰一座に上演され、以後劇作に専念。主な作品集・著書に「七つ桔梗」「史劇十二曲」などがある。関東大震災後創作から遠ざかり、神奈川県会議長、横浜市議、横浜生糸取引所理事などを歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山崎 紫紅 (やまざき しこう)

生年月日:1875年3月3日
明治時代;大正時代の劇作家
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android