コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎カール やまざきカール

1件 の用語解説(山崎カールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山崎カール【やまざきカール】

立山の雄(お)山北西山腹にみられる圏谷カール)。発見者山崎直方(なおまさ)の名をつけたもの。日本の圏谷の大部分は山稜の東側斜面にみられるが,これは数少ない西側にみられるものの一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の山崎カールの言及

【立山】より

…立山はいずれも古期の花コウセン緑岩と飛驒変成岩で構成されている。雄山北西斜面の山崎カール(天)や東斜面の御前谷,大汝,内蔵ノ助谷,真砂沢などのカール,南方の御山谷氷食谷など,氷河地形も多い。西側には,室堂平,天狗平,弥陀ヶ原といった溶岩台地が広がり,これらの緩斜面の南側に位置する国見岳(2621m)や天狗山(2600m)は立山旧火山のカルデラ壁である。…

※「山崎カール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山崎カールの関連キーワード圏谷水晶岳立山青米室堂毛無山谷倉飼料臭火山地溝側噴火

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone