コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄山(読み)おやま

百科事典マイペディアの解説

雄山【おやま】

立山主要部の一峰。標高3003m。山頂に古代からの雄山神社をまつり,東側に御前沢カール,西側に山崎カール(天然記念物)がある。
→関連項目山崎カール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕雄山(おやま)


伊豆(いず)諸島の三宅(みやけ)島中部に噴出する複式成層火山。有史以来たびたび噴火を繰り返し、かつては標高が814mあったが、2000年(平成12)の噴火で山頂に陥没(かんぼつ)カルデラが形成された結果、現在は火口北壁の775mが最高点となっている。火口原は八丁平(はっちょうだいら)とよばれ、3つの火口丘と数ヵ所の噴火口がある。1962年(昭和37)の噴火では北東麓(ほくとうろく)に赤場暁(あかばきょう)とよばれる溶岩原を形成。1983年の噴火で南西側に溶岩流が広がった。2000年の噴火では強い有毒ガスを発生し全住民が島外に避難、2005年にようやく避難解除された。山腹にシイ・ツゲの原生林が茂り、鳥類などの貴重種も多数生息する。全島が富士箱根(ふじはこね)伊豆国立公園に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄山の関連情報