コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎浩子 やまさき ひろこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎浩子 やまさき-ひろこ

1960- 昭和後期-平成時代の女子新体操選手,指導者。
昭和35年1月3日生まれ。鹿児島純心女子高のとき2年連続インターハイ団体優勝。昭和54年から全日本選手権の個人総合で5連覇。五輪種目に初採用された59年ロス五輪で8位。新体操の女王として人気をあつめた。平成4年統一教会の合同結婚式参加,のちの脱会と結婚解消で世間を驚かせた。16年北京五輪,21年ロンドン五輪の強化委員会新体操強化本部長に就任。鹿児島県出身。東京女子体育大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山崎浩子の関連キーワード世界基督教統一神霊協会指導者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎浩子の関連情報