コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山廃酛 やまはいもと

1件 の用語解説(山廃酛の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

やまはいもと【山廃酛】


日本酒の製造工程における酒母の製法の一つで、基本的には江戸時代に完成した伝統的製法、生酛(きもと)を踏襲するが、相当の手間を要する「山卸(やまおろし)」の工程を廃止し、これを補う改良を加えた製法。仕込みには「水麹」と呼ばれる方法を採り、まず麹を水に浸漬して酵素を浸出させておき、ここに蒸した米を仕込む。また蒸し米のでん粉の糖化進行時に、山卸に替え、麹から生じた酵素が浸出した液体をくみ出して米に掛けまわす「汲み掛け」と呼ばれる工程を行い、糖の生成がすみやかに均一的に行われるよう促進する効果を得る。タンク内で行うため、糖化中の有害微生物の増殖を抑えるための温度管理も比較的しやすい。工程におよそ1ヵ月を要する。1909(明治42)年、醸造試験所(現独立行政法人酒類総合研究所)の技師嘉儀(かぎ)金一郎が開発。◇「山卸廃止酛」の略。⇒生酛速醸酛

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山廃酛の関連キーワードエッチングHACCP炭化法プロデュースワーキングカプロン酸エチル酒麹速醸もと(酛)ロキテクノテイコクテーピングシステム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone