山斗(読み)サント

大辞林 第三版の解説

さんと【山斗】

泰山と北斗。人が仰ぎみるもののたとえ。泰斗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐と【山斗】

泰山北斗。泰斗。転じて、人々の仰ぎ尊ぶもの。
※柳湾漁唱‐二集(1831)老松篇寿臥牛山人六十「父老始知聞道晩、一州仰之如山斗」 〔文天祥‐謝何枢密夢然啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山斗の関連情報