山本 ヤヲ(読み)ヤマモト ヤオ

20世紀日本人名事典の解説

山本 ヤヲ
ヤマモト ヤオ

明治〜昭和期の看護婦



生年
明治8年(1875年)

没年
昭和30(1955)年3月8日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
日本赤十字本社救護看護婦養成所12回生〔明治29年〕入所

主な受賞名〔年〕
フローレンス・ナイチンゲール記章(第1回)〔大正10年〕

経歴
明治37年日赤本部救護看護婦長、日露戦争には救護看護婦長として広島予備病院に勤務。39年日赤本部病院看護婦長、42年日赤特別社員。大正元年ドイツ・ケルンの第3回ICN大会出席、3年に始まった第1大戦に英国派遣救護班婦長としてロンドン陸軍病院勤務、10年第1回ナイチンゲール記章を受章。第2次大戦中の昭和13年から21年まで日赤看護婦監督であったため戦後公職追放を受け、21年71歳で退職、日本帝国看護婦協会会長も辞任。本社病院内戦災療で老後を送った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android