山本 直英(読み)ヤマモト ナオヒデ

20世紀日本人名事典の解説

山本 直英
ヤマモト ナオヒデ

昭和・平成期の性教育研究者 人間と性教育研究所所長。



生年
昭和7(1932)年10月20日

没年
平成12(2000)年6月27日

出生地
東京都渋谷区松濤

学歴〔年〕
早稲田大学第一政経学部政治学科〔昭和31年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本絵本賞(大賞)〔平成9年〕「からだっていいな

経歴
昭和32年から東京・武蔵野市の私立吉祥女子中・高校で社会科を担当し、のち同校副校長を務めた。同校で長く性教育に取り組み、57年から性教育関係者の全国組織“人間と性”教育研究協議会(性教協)代表幹事、吉祥女子中・高校教育研究所所長などを務める。平成7年教師と親を対象にした性教育雑誌の編集長として創刊に関わる。著書に「男と女の関係」「思春期の生と性」「性教育ノススメ」「各種性教育探険論〈上 下〉」「子育てのなかの性教育」「〈男と女〉を考えてみる本」「性の絵本」、訳書に「おんなのこってなあに?おとこのこってなあに?」「成長するっていいなあ」「ぼくはジョナサン―エイズなの」「スージイとフレッド」、共著に「おとなに近づく日々」「ひとりで・ふたりで・みんなと」「人間と性の教育」(全6巻)「愛と生と性のレッスン」「からだっていいな」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android