山本 竟山(読み)ヤマモト キョウザン

20世紀日本人名事典の解説

山本 竟山
ヤマモト キョウザン

明治〜昭和期の書家



生年
文久3年9月28日(1863年)

没年
昭和9(1934)年1月24日

出生地
美濃国厚見郡岐阜町(岐阜県岐阜市)

本名
山本 由定

別名
通称=右兵衛,別号=啓鳳

経歴
若くして書道を志し、神谷簡斎、日下部鳴鶴に師事。中国には7度遊学し、金石学、古碑法帖の研究につとめた。六朝風新派書道の俊秀として知られた。明治末には京都に住み、書道を教授する傍ら、泰東書道院、東邦書道会などの顧問を務めた。著作に「竟山学古」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android