山根甚信(読み)やまね じんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山根甚信 やまね-じんしん

1889-1972 大正-昭和時代の畜産学者。
明治22年1月20日生まれ。北海道帝大助教授,台北帝大教授などをへて,昭和24年広島大教授となる。家畜比較形態学・繁殖学を研究,人工授精技術を導入した。昭和47年3月26日死去。83歳。鳥取県出身。東北帝大農科大学(現北大)卒。著作に「にわとりの人工授精」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android