山桜戸(読み)ヤマザクラド

デジタル大辞泉の解説

ヤマザクラの木で作った戸。
「あしひきの―を開け置きて我(あ)が待つ君を誰(たれ)か留むる」〈・二六一七〉
ヤマザクラの咲いている所。桜の多く植えてある山家(やまが)。
「名もしるし峰の嵐(あらし)も雪と降る―のあけぼのの空」〈新勅撰・春下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 山桜の木で作った戸。
※万葉(8C後)一一・二六一七「あしひきの山桜戸(やまざくらと)を開け置きて吾が待つ君を誰か留むる」
② 転じて、山桜の咲いている所。桜の多くある山家。
※新勅撰(1235)春下・九四「名もしるし峰の嵐も雪と降るやまさくらどの曙の空〈藤原定家〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山桜戸の関連情報