コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新勅撰和歌集 しんちょくせんわかしゅう

5件 の用語解説(新勅撰和歌集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新勅撰和歌集
しんちょくせんわかしゅう

鎌倉時代の第9勅撰和歌集。 20巻。 1374首。貞永1 (1232) 年,藤原定家後堀河天皇の命を受け,天福2 (34) 年6月に奏覧,翌年3月実質的に完成。組織上では,仮名序があり,雑歌に5巻をあて,なかに哀傷,離別,雑体を含む点が注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんちょくせんわかしゅう〔シンチヨクセンワカシフ〕【新勅撰和歌集】

鎌倉時代の勅撰和歌集。20巻。貞永元年(1232)後堀河天皇の勅により、藤原定家が撰し、文暦2年(1235)成立。定家の仮名序があり、歌数約1370首。代表歌人は藤原家隆藤原良経藤原俊成慈円など。新勅撰集

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんちょくせんわかしゅう【新勅撰和歌集】

鎌倉時代の歌集。勅撰和歌集の第9番目。藤原定家撰。20巻。歌数1374首。1232年(貞永1)に後堀河天皇の勅により編纂に着手したが,上皇の他界を悲しみ稿本を焼却したり,再度の作業過程中にも,対幕府関係をおもんばかる関白道家・教実父子の意向により100首余(おそらく後鳥羽院らの歌)を切り出すなどの経緯を経て,35年(嘉禎1)成立。定家執筆の仮名序には,勅撰集のあるべき姿への信条を読み取れるが,内容的には,俊成,良経,家隆,西行ら新古今歌人以外,親幕派の公家藤原道家西園寺公経源実朝北条泰時ら武家の歌が多く,〈宇治川集〉の異名を得たり,承久の乱関係者の歌が除かれるなどの面があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんちょくせんわかしゅう【新勅撰和歌集】

第九番目の勅撰和歌集。二〇巻。後堀河天皇下命、藤原定家撰。1235年成立。約一三八〇首。仮名序をもつ。歌風は平淡で、新古今集の花に対して実として尊重され、中世和歌で支配的であった二条家の歌風の模範とされた。宇治川集。新勅撰集。新勅撰。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新勅撰和歌集
しんちょくせんわかしゅう

第9代の勅撰和歌集。20巻。1232年(貞永1)6月、後堀河(ごほりかわ)天皇の下命で藤原定家が撰した。しかし成立経過は複雑で、同年10月に20巻の目録と序の草案を奏覧(形式的奏覧)。1234年(天福2)6月、後堀河院の希望で1498首の草稿本を清書、奏覧(仮奏覧)、院崩後の11月、前関白藤原道家の要望で後鳥羽院(ごとばいん)ら承久(じょうきゅう)の乱関係歌人の歌を削除。1235年(文暦2)3月、精撰本を道家の手許に届けた(完成)。歌数1374首。春上下、夏、秋上下、冬、賀、羇旅(きりょ)、神祇(じんぎ)、釈教(しゃっきょう)、恋1~5、雑(ぞう)1~5に分類される。入集歌数は、藤原家隆(いえたか)の43首を筆頭に、藤原良経(よしつね)の36首、藤原俊成(しゅんぜい)の35首が多く、定家自身の歌は15首に抑えている。源実朝(さねとも)の歌を25首選入するなど鎌倉幕府関係歌人の歌も載せ、「宇治河集」(武士の歌を多く含む集)とあだ名された。作風は『新古今集』の妖艶(ようえん)に比して平淡優雅で、後世、実を根本とする集と評された。[樋口芳麻呂]
『久曽神昇・樋口芳麻呂校訂『新勅撰和歌集』(岩波文庫) ▽樋口芳麻呂解説『新勅撰和歌集』(1980・日本古典文学会貴重本刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新勅撰和歌集の言及

【十三代集】より

…勅撰和歌集(二十一代集)のうち,第9集以後の《新勅撰和歌集》《続(しよく)後撰和歌集》《続古今和歌集》《続拾遺和歌集》《新後撰和歌集》《玉葉和歌集》《続千載和歌集》《続後拾遺和歌集》《風雅和歌集》《新千載和歌集》《新拾遺和歌集》《新後拾遺和歌集》《新続古今和歌集》の13の集をいう。 勅撰和歌集は,八代集の最後を飾る《新古今集》で芸術至上主義的な極致に達し,その後は歌の家としての権威を確立した御子左(みこひだり)家,特にその嫡流の二条家の主導で,平明を基調として展開する。…

※「新勅撰和歌集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新勅撰和歌集の関連キーワード十三代集勅撰和歌集二十一代集私撰和歌集十代集続古今和歌集続後撰和歌集新後撰和歌集新撰和歌集長舜

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone