コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山桜 ヤマザクラ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ざくら【山桜】

山に咲いている桜。
バラ科の落葉高木。山地に自生する桜。樹皮は灰色で、横に皮目が走り、葉は倒卵形で先がとがる。4月ごろ、新葉と同時に淡紅色の5弁花を開き、紫黒色の実を結ぶ。本州中部以南に分布。 春》「足弱を馬に乗せたり―/漱石

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やまざくら【山桜】

福島の日本酒。60%精米の米とうつくしま夢酵母で仕込む特別純米酒。ほかに純米大吟醸酒がある。原料米は五百万石仕込み水は自家井戸水。蔵元の「笹の川酒造」は明和2年(1765)創業。ウイスキー、焼酎などの製造も手がける。所在地は郡山市笹川。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やまざくら【山桜】

山中に咲く桜。
バラ科の落葉高木。宮城県以西の山野に生え、栽植もされる。樹皮は濃褐色で横に裂け目がある。葉は長楕円形で無毛。春、紅褐色の新葉とともに、淡紅色の五弁花を二~五個散房状に開く。材は家具・器具・版木用。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山桜の関連情報