コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山桜 ヤマザクラ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ざくら【山桜】

山に咲いている桜。
バラ科の落葉高木。山地に自生する桜。樹皮は灰色で、横に皮目が走り、葉は倒卵形で先がとがる。4月ごろ、新葉と同時に淡紅色の5弁花を開き、紫黒色の実を結ぶ。本州中部以南に分布。 春》「足弱を馬に乗せたり―/漱石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やまざくら【山桜】

福島の日本酒。60%精米の米とうつくしま夢酵母で仕込む特別純米酒。ほかに純米大吟醸酒がある。原料米は五百万石。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「笹の川酒造」は明和2年(1765)創業。ウイスキー、焼酎などの製造も手がける。所在地は郡山市笹川。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

山桜

大蔵省専売局が1904年に発売した国産の紙巻たばこ。日露戦争の戦費調達を目的として施行された煙草専売法のもとで発売された最初の口付たばこ4銘柄のひとつ。4銘柄中最も安い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

やまざくら【山桜】

山中に咲く桜。
バラ科の落葉高木。宮城県以西の山野に生え、栽植もされる。樹皮は濃褐色で横に裂け目がある。葉は長楕円形で無毛。春、紅褐色の新葉とともに、淡紅色の五弁花を二~五個散房状に開く。材は家具・器具・版木用。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山桜 (ヤマザクラ)

学名:Prunus jamasakura
植物。バラ科の落葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山桜の関連キーワード胎内二王子県立自然公園兵庫県神崎郡神河町日の出さゞ波大蔵省専売局越乃日本桜ヤマザクラ松村弥平太若山牧水昔ながら小金井桜菓子木型石原和海勿来の関南総尺八立ち隠す中川喜雲藤原長家時雨みち古沢鶴翁高取稚成

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山桜の関連情報