山家(読み)やまえ

  • さんか
  • さんげ
  • やまが

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 山中の家。やまが。
※懐風藻(751)初春於左僕射長王宅讌〈百済和麻呂〉「鶉衣追野坐、鶴蓋入山家」 〔杜甫‐従駅次草堂、復至東屯茅屋詩〕
[1] 〘名〙 「さんげしゅう(山家宗)」の略。
※伝光録(1299‐1302頃)永平元和尚「然しより山家の止観を学し、南天の秘教をならふ」
[2] 比叡山延暦寺をいう。
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土「山家(サムケ)の伝教大師は国土人民をあはれみて七難消滅の誦文(じゅもん)には南無阿彌陀仏をとなふべし」
〘名〙
① 山にある家。山中の家。山里の家。
※類従本元永元年十月二日内大臣忠通歌合(1118)「山家にはならのから葉の散り敷きて時雨の音もはげしかりけり〈藤原為実〉」
② 端女郎(はしじょろう)の異称。〔浮世草子・御前義経記(1700)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山家の関連情報