コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山添喜三郎 やまぞえ きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山添喜三郎 やまぞえ-きさぶろう

1843-1923 明治時代の建築技術者。
天保(てんぽう)14年生まれ。明治6年ウィーン万国博覧会日本館の建設に派遣される。内務省をへて,18年宮城県職員となり登米町(とよままち)尋常小学校などの建築を手がけた。大正12年5月16日死去。81歳。新潟県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山添喜三郎

没年:大正12.5.16(1923)
生年天保14(1843)
明治期の建築技術者。新潟県出身で,大工としてウィーン万国博(1873)日本館の建設に従事。帰国後内務省関係の,主として紡績関係の建築を手がけたあと,明治18(1885)年宮城県土木課営繕係に入った。登米町尋常小学校(1888),同警察署(1889)が現存

(越野武)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山添喜三郎の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山添喜三郎の関連情報