尋常小学校(読み)じんじょうしょうがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尋常小学校
じんじょうしょうがっこう

1886年の小学校令による初等の基礎課程を担当する学校。当初は4年制で原則的に就学が義務づけられ,3年以内の「小学簡易化」での代用も認められた。上部高等小学校がある。 1900年4年制に統一,08年6年制に延長。 41年国民学校令で国民学校初等科に改編

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じんじょうしょうがっこう【尋常小学校】

1886年(明治19)小学校令により設置され、満六歳以上の児童に初等普通教育を施した義務制の小学校。期間は最初四年、1907年から六年。41年(昭和16)国民学校令により国民学校初等科と改称された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尋常小学校
じんじょうしょうがっこう

第二次世界大戦前の小学校の一種で、初等普通教育を施した学校。1886年(明治19)の小学校令において、小学校を尋常小学校4年、高等小学校4年とし、さらに1907年(明治40)に尋常小学校6年、高等小学校2年とし、国民学校令(1941年)までこの制度が存続した。[津布楽喜代治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の尋常小学校の言及

【小学校】より

… 70年明治政府はその直轄地域に設置する欧風学校制度構想を示して大学,中学,小学の3種に分かつとし,71年の廃藩置県を経て,72年9月最初の全国規模の学校制度法令である〈学制〉を公布したが,そこでは身分,職業,性のちがいを問わず全国民が満6歳から8年間学習する〈小学〉を人口600に1校の比率で全国に約5万校設置すると規定した(1996年現在の小学校実数は約2万4500校)。この壮大なプランは,79年,80年と改訂され,初等科(3年),中等科(3年),高等科(2年)に区分されたが,86年文相森有礼の初めて制定した小学校に関する単行勅令〈小学校令〉によって貧民用の小学簡易科(3年程度)と裕福な階層用の尋常小学校(4年),高等小学校(4年)とに2区分され,別に中学校進学予定者向けの中学予備科が設けられた。この区分は,90年の小学校令(第2次)にも継承され,尋常小学校に3年課程と4年課程とを設け,中学校進学志望者には尋常,高等両小学校の教育内容を関連づけた尋常高等小学校を設けるとした。…

※「尋常小学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尋常小学校の関連情報